最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2013年9月29日 (日)

今日は、趣味で参加しているあるサークルの総会がありました。

老若男女。年齢的には70歳くらいから20歳くらいまで。男女半々位。会のこれからの運営などについて話し合ったのですが、皆様の色々なご意見をきけましたし、さらに良い会になりそうな予感を感じさせてくれる会合で、良かったです。でも、本音はちょっと疲れました。4時間位話し合ってましたから。帰宅して飲んだワインの美味しかったことったら(o^-^o)

何かを続けることは容易いことではありません。一人だけでできることならともかく、皆で力を合わせて何かを成し遂げるのは大変です。でも、達成感も素晴らしい!

そもそもお一人様行動好き。一匹狼っていうとかっこいいけど、単に我儘でお気楽なだけの私は、単身ふらふら~が多いのですが、慶友会なども含めて、サークルなどで様々な立場の方々と意見交換するのも、また楽し!!です。自分の至らなさもよくわかるし、また、新たな自分発見の場でもありますし。

2013年9月28日 (土)

夏スクの時にも感じましたが・・

ほんとに、整頓ができない女だなあ・・って。はい、私の事です。

スクーリング中、皆様の机の上をつい見てしまうのですが、皆様すっきり。

在るべき所に納まっていて無駄がない感じ。先日私の前に座っていらした方の筆箱は立つ形で、ペンやマーカーなどすっきりと立ってて使いやすそうでした・・ああいう筆箱(あ、ペンケースというのかな??)もあるのですね。

私の机の上、ルーズリーフ散乱、ペン類散乱、レジュメや辞書などでごちゃごちゃ・・。授業が終わって鞄にしまう時も一苦労・・

夜スクはそれでもまだマシです。夏スクはもっと悲惨でした。体温調節がうまくいかないお年頃なので、半袖着た上に、薄い羽織もの。さらに、もう少し厚い羽織もの・・・と三段重ねで、空調に合わせて重ねたりはぎとったり!!を繰り返していました。レッグウオーマーを持っていき、使ったこともあります。おまけに夏スクは座ってる時間が長いから座布団も持って行ってたし。民族大移動位の勢いの大荷物になっていました。

夜スクの季節ははだんだん寒くなるから元々着込んでいきますし、座布団も持って行かないから少しは荷物が少なく助かります。せめて机上の整理整頓、心がけなくては!

2013年9月27日 (金)

怒涛の・・・・

今週は忙しかったです。

夜スク始まりましたし。

夜スクの授業はとても楽しいです。そして、通学定期が使えるのもとても嬉しいです。帰りに途中下車して寄り道もしてます(笑)一人でちょっとだけ飲んだり、本屋さん行ったり・・。定期持ってければ変なとこケチンボの私は(電車代もったいないからね~)寄り道しないでさっさと帰りますよぉ。

夏スクで学んだこと、レポート書きながら自分なりに学んだこと、試験勉強の中で学んだこと、これまでずっと自分で続けてきたあれやこれやのこと、本を読んだりして色々と考えてきたこと、人との出会いの中で学んだこと、旅先で深く感じたこと・・・・・そして、夜スクで学ぶこと。そんなこんなの色々なことがつながり、これからの勉強生活が面白くなりそうな予感もします。が、熱しやすく冷めやすい自分の性格知ってるだけに、怖いかな、でも、執念深くしつこい性格も少し保有していますので、そちらを上手に使って頑張って勉強を続けていきたいです。

実学なのだ

10月に「フランス文学概説」の試験を受ける予定なので、今、テキストを読んでます。このテキスト、とっても面白い!!非常に「ツボ」でゴザイマス。

19世紀に作家たちのエジプトなどオリエント旅行が盛んになったことが、ある種植民地政策を推し進めていくイデオロギーにもつながっていく課程や、小説に登場する多彩な人物像など、興味深い内容が満載です。

文学を勉強するということは、人間の愚かさを知ることだ、とどなたか日本の作家が言ってらしたと思いますが、ほんとにそう思います。

文学は『実学』だぁ!

というわけですが、もっとさくさく勉強進めていかないと、試験に全然間に合いません。このテキスト面白すぎて熟読しすぎて時間かかりすぎっ

2013年9月25日 (水)

映画から話が飛んでしまいました。

連休の一日、息子と待ち合わせて、映画を観に行きました。『大統領の料理人』。とても私好みの映画でした。フランス映画、好きです。

息子はこのところ仕事が忙しかったようで、久しぶりにデート。息子は一人暮らし暦、もう何年になるのかな?遊びに行こう!と思いついたら行ける距離に住んでいるのですが、滅多にこちらからは遊びに行かないなあ・・。昨年秋、その前は一昨年夏・・年に一回ずつくらいしか訪問していないです。夜スクの帰りに寄ろうかしら、でも夜遅いし、めんどうですねー。というわけで今年は一度も訪問しないで終わりそう。まあ、この位の距離を置いて付き合うのがよさそうです。

息子に、この前返却された20世紀のフランス文学のレポートを見せたら、褒めてくれました。ご褒美に腕時計を買ってくれるそうです!でも、安いのにしてね・・と、母は言いましたよ。そもそも私は腕時計を付ける習慣が全くなくて。今は携帯があるし、外出先ではどこかに時計があるし・・。

が、夏スクで「はた」と気づいたのです!教室に時計が無いのですね。某科目の試験の時は私の前の人が机の上に大きな時計を置いてらしたので、自然に目に入りました。たまたまラッキーね。あとの試験の時は・・・・なんとなく勘で。主婦業してると結構時間の勘ってきたえられませんか?30分だけ草むしり、とか、20分一本勝負、4品作るぞ!とか、そんな風に生活しているので。時計みなくても大体時間あってます。でも、これからはそういうわけにはいきません。試験は家事と違い、緊張するから多分時間の感覚鈍りそうです。特にフランス語の試験には時計は必須アイテムになりそうなので、ご褒美の腕時計が来るのが楽しみです。せっかくのプレゼントだから試験の時しか使わない、なんて言わないで、普段も使ってみよう!

通信から始まる新しいライフスタイル(・∀・)ニヤニヤ 目指せ腕時計美人( ´艸`)プププ

2013年9月22日 (日)

もしお願いできましたら教えて下さい。

こんばんは~

皆様がブログの脇の蘭に、「読了本」を載せていらっしゃるのに憧れまして、真似っこしてみたのですが、うまくできません・・本の題名は入れられるのですが、皆様のように本の写真が載せられなくて・・〇〇ゾ〇などの写真を引っ張ってくるのはNGですよね??どうしたらできるのでしょうか?もしどなたかアドヴァイスいただければとっても嬉しいです!!

さて、慶應通信生活もそろそろ半年です。この先どうなるのかなあ??

通信に受かったときには家族は皆とても喜んでくれました。夫はお祝い金くれました。まだ使っていないのですがそれで辞書買う予定です。家族以外で最初に知らせた友達は、一世代下&二世代下の男友達。一人は研究者、一人は芸術家。二人とも良かったね!頑張って沢山勉強してね!と励ましてくれました。思った通りの反応で嬉しかったです。あとは様子見ながら、通信生活始めたことを少しずつ周りにコクっていきました。ホントは秘密にしていたい人もいましたが、通信生活を送るに当たり今まで引き受けていた役職(笑)をお断りしないと身が持たなかったり、付き合いが悪くなったといわれる前に言っておかなくてはっ・・・とかまあ、この年にもなりますと、色々と浮世のしがらみもありまする~。近所には絶対内緒なんですケド。悪いことしてないのに~笑っちゃいますねぇhappy01

試験勉強ぼちぼちです。三歩歩いて、二歩後退・・。でも、少しずつ積み重ねていけばいいですよね!

2013年9月21日 (土)

20世紀フランス文学試験・訂正

先程Upしました記事の、

>これはF群で19日土曜日の試験科目typhoonには入っていません。

は間違いで

>これはF群で20日日曜日の試験科目typhoonには入っていません。

が正解です。

UPした記事の訂正のやり方がまだわからないので、(あれこれいじったのですが)こんなことになりました…お騒がせ~

お帰り、レポート

夏スクが終わってから必死で書きあげ、8月の終わりに投函したレポートが戻ってきました。

20世紀のフランス文学。合格しました(v^ー゜)ヤッタネ!!

選んだテーマは「デュラスと小説」です。具体的な引用と分析がいい、とか、時代背景の考察も適切、とか絵画との関連付け(これは私の勝手な視点です)も面白いとか、色々とありがたいコメントを頂きました。1週間弱で、わぁ~と書き上げたのですが、デュラスの本は何冊か読んでいたので、何とか書けました。

9月11日の記事に書いたのですが、粗忽者大賞の響子は10月の試験科目を勘違いしていたのです。このレポートを出した時点では、10月には20世紀のフランス文学を受験する予定だったのです。しかし、これはF群で19日土曜日の試験科目typhoonには入っていません。10月は20日の日曜日しか受けられないので、この科目、20世紀の・・・は持越し。1月に何事も起こらなければ試験受けられますが・・・でも、運悪く試験日に何かぶつかってしまうのよね。。無時に受けられたらうれしいのですが~

2013年9月20日 (金)

夏スクから夜スクへ。

(≧∇≦)写真をアップしたいのですが、何度チャレンジしてもうまくできない(*≧m≦*)ココログって難しいのでしょうか?でも、ココログにはココログの面白さがあるので、もう少し頑張って続けてみます。いつかもう少し使いこなしてみるぞ( ^ω^)おっおっおっ

夏スクに参加した時、お教室に全然知り合いがいなくて、最初の2日間くらいは無言生活だったのですが、3日目頃から素敵な女性とお話をするようになりました、お昼も生協に買いに行って一緒に頂いたり。彼女とは、1期は午前午後同じ授業でした。学部は違いましたが。2期はその方も午前午後取られていましたが、違う科目なのでした。でも、夜スクで再会予定、楽しみだな!科目は違いますが曜日が同じなので。

2期で仲良くなった方は、学部同じで先輩。1期の午後、2期の午前午後が同じ科目でした。とても元気でご親切な方で、試験の前も私の質問に丁寧に答えてくださいました!彼女が連れて行ってくださって学食デビュー。イエ、厳密にいうと、オリエンテーションの日に一人で学食2階でラーメンは食べていたのですが。でも、1階のカフェテリアデビューはその時でした。その後、慶友会の先輩と2期に同じ授業で出会い、彼とも一緒にまた学食。そのあと、1期で仲良くなった上記の先輩と、来往舎のレストランにも行ってみたのですが、そこは出来上がるまでに大変時間がかかることがわかり(はい、超殿様ご商売でした)、授業に追われてる私達にはNG。なので学食の2階に行き冷やし中華を。

ワタクシ、夏スクで太りました。まずすぎっ!夏スクの間は最後の日の打ち上げを除いたら、全然お酒も飲まなかったし、おやつもほとんど食べないし・・・普段は結構だらだらおやつ食べるし、お酒も頂くし・・なのになぜなぜ????ストレス太り?

2期で仲良くなった方は、3期連続午前午後取られていました!すごい!残るは卒論だけ、とおっしゃっていました。そんな日が私にもいつか来るといいな。

今となっては楽しかった思い出ばかりの夏スク・だって、まだ成績返ってきてないですもん。そのうちがっくり(*≧m≦*)になりそうな予感もちらほら。

思い出に浸ってないで、夜スクの本にも目を通さなきゃっ

2013年9月17日 (火)

台風一過

台風typhoon一過の今日はとても空がきれいです。

この連休は、勉強時間はほぼゼロでした。本業で忙しかったのです。飛行機で地方にも行ってました。台風の進度にハラハラすることもありドキドキの日々でしたが、何とか全うできてホッとしてます。

今日は三田に行きました。夜スクの定期の事で。来週からもう始まるのですね、スクーリング。まだまだ全然準備出来てません(´,_ゝ`)プッ

今回語学のスクーリングは受けませんが、なんといっても通信生活で一番ネックになるのは、私の場合語学です。必修外国語をフランス語にしてしまいました。前の大学では2外はドイツ語なのでした。しかし、全然覚えてない・・。フランス語の勉強はは50歳過ぎてから、一から某語学学校で始めました。ホントに一から。ABCアーベーセー位は知ってたけど、そのあとのDEFになるともう怪しい。数字も、1,2,3,4は知ってたの。でも、5がサンクなんて、50過ぎて知りました(笑)。英語の方がフランス語よりはマシですが、でも好きなのはフランス語。英語ができないと卒論とか不都合だろうなあということはわかってはいたのですが。でも、『好き』を優先させました。超前途多難です。

フランス語のレポートは1部が1と2、2部も1,2に分かれていて今の所、そこまでは全部提出しましたが、帰ってきているのは1部の1だけ。合格はしていますが・・パーフェクトではありません。でも、添削をとても丁寧にしてくださって、おかげさまで何が足りていないかはよくわかりました。

慶應通信の科目は私にとっては全部難しいけど、とにかく、まずは語学を頑張らないといけませんねweep

2013年9月16日 (月)

夏スク

heart04社会学特殊。

毎回毎回、自分の考えをまとめて書く課題が出て、それが大変でもあり楽しくもあり。中々ユニークな授業でした。アンテナを働かせて生きてないと書けません(笑)

heart02哲学特殊(政治思想論)

苦手分野かも、と思っていましたが、中々どうして面白かった!これから色々な勉強を進めていくにあたっての基礎固めをしたい私にとって、最適の授業だったと思います。でもテストは、あまり出来なかった・・・デス。考える事と書くることは別問題だhappy02

heart01フランス文学史

19,20世紀のフランス文学の流れを学びました。コンパクトに12コマの授業でざっと流れを追っていく、という事がとても良かったです。いい授業でした。

それぞれの授業がどこかでつながってて中々に濃い時間を過ごしていました。

2013年9月15日 (日)

西洋美術史

夏スクの「西洋美術史」・・・スペインのバロック美術。

楽しかったなあ、この授業。スペイン美術(ルネサンス~マニエリスム~バロック)の流れを勉強しました。スライドやパワポを駆使して大変判り易い授業でした。4日目にスペイン美術に関する文章の穴埋めテストがありました

必死で暗記しましたがヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ・・覚えられません・・。

私自身のテストの出来は・・・どうだったかなあ??先生曰く、このクラスのレヴェルは高く、満点も何人も出たそうです(○゚ε゚○)

最終日のテストはディスクリプション。自分で好きな絵を選んで(スペインのマニエリスム、バロック美術作品から)ディスクリプションをするのですが、これが奥深くて。でも新鮮な経験で楽しかったです。単位取れていますように。

2013年9月12日 (木)

図々しくオリエンテーション!?(○゚ε゚○)

初夏スクール。7月の試験を受けていない私にとっては、入学式以来の学校行事です。

1期と2期を受講しました。

西洋美術史。社会学特殊。哲学特殊。19、20世紀のフランス文学史。どの科目もそれぞれに良かったです。科目ごとについてはまた改めて書きたいです。

それにしても105分授業×4時間×6日間×2期。座布団持って行って大正解でした。

また、講義に先駆けて、まだ0単位なのに図々しく卒論のオリエンテーションにも出席させていただきました。参加してとても良かったです。方向が少しだけ見えました。そしてさらに図々しく 「先生による卒論の一般指導」も受けてきました。これに関しては当初、全く受ける予定はなかったんです、入学した年だし、まだ単位持っていないし・・。でも、オリエンテーション聞いているうちに、そうだ!先生に質問してみよう!という気持ちがむくむく湧いてきて、当日受付で申し込んだのです。先生はとてもご丁寧に判り易く説明してくださいました、どういう文献を読んだらいい、などとてもご親切に教えて下さり本当にありがたかったです。

そしてそのご指導の結果、その分野はとても私の手には負えないだろうな、ということを感じてしまいました。好きな事と向いている事が両立することもあるし、しない場合もある、という事です。これからその分野の勉強をしていくのか、もしくは別分野の勉強をしていくのか、まだまだ先の事はさっぱり決まっていないのですが、その道の第一人者の先生のお話を聞かせていただいて、また私の夢みたいなもの(笑)も聞いていただけて、とても有意義な時間でした。

そもそも1類で入学しましたが、このまま1類でいくか、類変更するか。それも決めかねています。あれもいいな、これもいいな、こっちにも興味がある・・といった具合に、気持ちがが逸っているだけで、一番深く勉強したいのは何なのかまだまださっぱりわからないのです。

ま、今はそんな事より目先のレポート。試験を頑張らねばっ。それに卒論どころではありません。語学が大幅に足を引っ張ります。そう私の場合、語学が恐ろしく大変。これについてもまた追々・・・

2013年9月11日 (水)

何故に大学へ~

夏スクで日吉に通いました。日吉懐かしい!!久しぶりです。何年か前には某先生にお願いして、1度だけ授業を受けさせていただいたことがあります。日吉=一般教養の授業=10代の子たちが多い、というわけでわくわく気分の授業でしたぁ!それにとても興味のある分野だったので。やはり生の講義はいいなあ!その時に、また大学に行きたいという気持ちがさらに高まったのかもしれません。

そういえばその時には独立館はなかったように思いますが・・記憶違いかも。

昔々、田舎の高校生だっところ、大学は文学部に進みたいと思っていました。しかし、色々とありまして、結局別の方面に進学しました、その事は全然後悔していませんし、それはそれでよかったのですが、いつかまた大学に行って文学部で学びたいという気持ちはずっと失ってなかったように思います。子供たちもそれぞれ独立して一人暮らししながら働くようになりましたし、いまならまだ少し体力も残っているかも・・ということで、チャレンジしました。

よろよろうろうろふらふらどきどきわくわくしながら、憧れだった文学部の勉強を進めていけたらと思います。

粗忽もの

4月に入学してもう9月。取得単位まだ ゼロ でございます。

7月6,7日は入学前から決まってた予定があり、試験は受けられませんでした。

夏スクは受けましたが、試験…あの程度でいいのかどうかさっぱりわかりません。果たして単位は頂けるのでしょうか。心配です。夏スクのことは追々書けたらいいなと思います。

10月の試験ですが、19日は結婚式がありますので受けられず、20日のみ受けようと思います。しかし、あわて者の響子、良く確かめないで、試験科目は土曜日がABC,日曜日がDEFと信じて疑わず、夏スクの後頑張って、DFのレポートに挑戦して、DFを書きあげ提出しました。Eの地理Ⅱにだけは夏前から挑戦していました。が、これは途中まで書きましたが全然まとまらない。書きたいことはいっぱいあるのにまとまらない、なので、また冬にでも仕上げられたらいいな、ということで保存してあります。

さて、話が前後しますが、8月30日にF群の科目のレポート出して、ほっとした後「そうだわ、塾生手帳っていうのがあったわ、あれに夏スクの記録を書こう」と思いぱらぱらみていて、10月の日曜日の試験がCBAということを発見したのです。

えーー、そんなぁ・・・と青ざめましたpoutしかし、このままでは試験が受けられない。何とかしなくてはっと。幸いBの語学のレポートは5月に提出していたので、せめてあと一科目でも!!

頑張って、A群科目のレポート書きました。はい、必死で書きました。月曜日の朝1番に郵便局に駆け込み、目の前で消印を押してもらいました。9月2日の消印有効なので夕方でも夜でも大丈夫なのかもしれませんが、とにかく、朝一番に出したかったのです。

合格するかどうかは怪しいですが・・・でも、頭を振り絞って全精力傾けて集中して(えへへ、ちょいと大げさに書いてますよん)全力は尽くしましたので、まずはホッとしました。というわけで、10月はB、A群のテストを受けられそうです。

慶應通信はお約束事を覚えるまでが大変。そういえば秋の夜スクの定期の学割の申し込みも出しましたが、路線を間違ったことを発見して、近々事務所に訂正に伺います。こういうこともメールで事務局にお知らせするとすぐお返事を頂き、迅速な対応に感謝です。

前途多難な通信生活をバタバタ送ってる響子なのでした。

2013年9月10日 (火)

響子です

初めまして。

今日からこちらでブログを書きます、まだまだ慣れなくてどうなることやらですが、ぼちぼち記事が書けたらいいなと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。

響子。2013年春に 慶應通信文学部に学士入学。ん十年ぶりの学生生活です。勉強大丈夫かなあ・・・まだまだ不安だらけ・・そんな私です。

トップページ | 2013年10月 »