最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

お帰り、レポート

夏スクが終わってから必死で書きあげ、8月の終わりに投函したレポートが戻ってきました。

20世紀のフランス文学。合格しました(v^ー゜)ヤッタネ!!

選んだテーマは「デュラスと小説」です。具体的な引用と分析がいい、とか、時代背景の考察も適切、とか絵画との関連付け(これは私の勝手な視点です)も面白いとか、色々とありがたいコメントを頂きました。1週間弱で、わぁ~と書き上げたのですが、デュラスの本は何冊か読んでいたので、何とか書けました。

9月11日の記事に書いたのですが、粗忽者大賞の響子は10月の試験科目を勘違いしていたのです。このレポートを出した時点では、10月には20世紀のフランス文学を受験する予定だったのです。しかし、これはF群で19日土曜日の試験科目typhoonには入っていません。10月は20日の日曜日しか受けられないので、この科目、20世紀の・・・は持越し。1月に何事も起こらなければ試験受けられますが・・・でも、運悪く試験日に何かぶつかってしまうのよね。。無時に受けられたらうれしいのですが~